中古バスを高値で買取ってもらうコツ|見た目を綺麗に保とう

新車と同じ性能

レディー

工事現場などで主に活躍する重機といえばダンプカーです。荷台に大量の材木などを載せて移動できるのでどの現場でも重宝されているのです。しかし、ダンプカーは普通に購入すると値段が高くなり費用がかさむ可能性があります。また、仕事中にダンプが故障し、緊急で新車のダンプカーを購入することになってもすぐに使えない場合もあります。そこで中古ダンプを購入しましょう。中古車の販売を行なっている業者は乗用車以外にダンプなどの重機も販売しているものです。中古車販売に売られている中古ダンプは、実はほとんどがまだ使える状態で新車とほとんど性能が変わらないのです。新車との主な違いといえば型式が古いという点のみです。普通に購入するよりも安い価格で手に入る上に、購入したその日ですぐに使えるので非常に便利なのです。また、中古ダンプを購入するときはあらかじめ予約をしておけば試乗をして乗り心地を確かめることができます。

中古ダンプを購入するときは様々な点に注目しながら選んでいきましょう。まずは荷台の強さです。現場で使う大事な材料をのせる荷台は頑丈でなければいけません。そのため、荷台の床の厚さを確認してより強い強度の中古ダンプを見つけましょう。中古ダンプに搭載されている荷台の厚さの標準は3ミリです。主に土砂や少量の建材を運ぶのに向いています。強度の強い荷台の厚さは約6ミリで、建築用の機材を載せて動いても壊れないほど丈夫です。中古車販売のスタッフに聞いて必要があれば実際に厚さをはかってみても良いでしょう。